固定金利とは

固定金利とは、借入時点で将来の金利水準を定めてしまうことをいいます。

例えば、固定金利住宅ローンといえば、住宅ローンを借り入れる段階で将来の金利を一定に定めてしまうタイプの住宅ローンのことをいいます。


固定金利のイメージ図

固定金利のイメージ図

最近、住宅ローンの銀行キャンペーンの一環として、「2年固定金利1.0%」なんていうものがありました。この住宅ローンの場合には、借入当初2年間は、年間1.0%の利息を支払えばいい、ということが借り入れた時点で決まってしまうのです。


従来は、固定金利住宅ローンといっても、上で書いたように、ごく短期間の固定金利住宅ローンしかありませんでしたが、最近は、「35年固定金利3.120%」といった、超長期の固定金利商品も取り扱われるようになってきています。

 
[an error occurred while processing this directive]