住宅ローンの借入期間が短い人

住宅ローンの借入期間が短い人の場合、住宅ローンは変動金利のものを選択したほうが有利になることが多いです。

住宅ローンの借入期間が短い人

そもそも固定金利を選択するのは、「将来、金利が上昇した場合に住宅ローンの利息支払額が増える」リスクを回避するためです。

でも、住宅ローンの借入期間が短い(たとえば2年とか3年とか)の場合には、金利が上昇するといってもたかが知れています。

そこをあえて固定金利を選択して、住宅ローン借入側に不利な金利を選ぶくらいならば、むしろ、変動金利を選択してしまったほうが、よほどいい結果になると思います。


※但し、銀行のキャンペーンで短期の固定金利が異常に安い場合には、迷わず短期固定金利を選んでください。これは、実質的に変動金利とほとんど変わりませんので。

 
[an error occurred while processing this directive]