住宅ローンの繰上返済を狙う人

住宅ローンの繰上返済を狙う人の場合、住宅ローンは変動金利のものを選択したほうが有利になることが多いです。

住宅ローンの繰り上げ返済を狙う人

変動金利の住宅ローンは、固定金利に比べると、当初の利息が大幅に低くなっています。

そのため、借入期間の最初のほうで一気に繰上返済を行うと、利息をほとんど払わないうちに、元本を大幅に減らすことができます。

変動金利住宅ローンの場合、金利上昇に伴い借入利率も上昇していくのですが、金利上昇前に、元本自体を減らしてしまっておけば、利息支払額自体はそれほど多額にはなりません。

また、固定金利型住宅ローンの場合、ほとんどの銀行では繰上返済時に繰上返済手数料がかかります(一方で、変動金利型住宅ローンの場合には、繰上返済手数料が無料の銀行は結構多いです)。

そのため、手数料からみても、繰上返済をすることを前提の場合には変動金利型住宅ローンのほうが有利となります。


つまり、

  • 住宅ローンを借りた後に両親から住宅取得資金を贈与してもらう予定がある場合
  • 収入に比較して、比較的余裕あるローンを組んでいて、繰上返済をする予定がある場合

といった場合には、住宅ローンを変動金利で借入れておくほうが有利になるケースが多いのです。

 
[an error occurred while processing this directive]