将来の金利上昇幅が小さいと思う人

将来の金利上昇幅が小さいと思う人は、住宅ローンの借り入れ時には変動金利を選択することをおすすめします。

将来の金利上昇幅が小さいと思う人

変動金利を選択すると金利上昇により支払額が増加してしまいます。逆にいうと、将来の金利が上昇しなければ、住宅ローンの借り入れ金利も上昇しないことになります。


一方で、固定金利の金利水準は、現在の金利水準だけではなく、将来どこまで金利が上昇するか、という予想により決まっています。

今は、ほぼ全員が「金利は上昇するはず」と思っているため、将来の金利上昇を織り込んで、固定金利の金利水準は比較的高い利率が設定されています。


そのため、将来の金利上昇幅が小さいと考えている場合には、将来の金利上昇リスクが織り込まれ、結果的に高い利率となっている固定金利住宅ローンを借りるよりは、変動金利住宅ローンを借りたほうが得をすることになるのです。


ところで、将来の金利上昇幅が小さくなる要因は、端的にいうと「景気が思ったほど良くならない」ということにつきます。

今、世の中では「景気が良くなりそう」という期待が膨らんでいますが、「考えているほど景気は良くならず横ばい・または悪化する」、と思う方は、変動金利を選択することをおすすめします。

 
[an error occurred while processing this directive]